リボ払いが危険と言われる理由とは?注意点を把握しておこう

リボ払いは危険

クレジットカードを利用する人の中で「リボ払い」を選んでいる人は注意が必要です。

 

支払いが長期化するばかりか、気が付いたら利息ばかりの支払をしていて元金が全然返済できていないなどの結果になってしまうことも…。

 

なぜ、リボ払いが損だと言われるのかその理由について見てみましょう。

 

クレジットカードのリボ払いの危険性とは?

そもそもクレジットカードには「一括払い」・「分割払い」・「リボ払い」の方法があります。

 

出来るなら一括で返済できるのが一番いいですが返済額が大きくなれば簡単に返すことが出来ずに、「分割払い」・「リボ払い」を選択している人もいるのではないでしょうか。

 

「リボ払い」にすると毎月決まった額を返済するだけになるので、毎月固定返済額以上の買い物をしてしまい返済しているどころか、借金を増やしてしまうこともあります。これを長期間続けることが危険なのです。「分割払い」に関しては、あくまでも支払方法を分割で支払うだけなので、支払いがいつまでも終わらないといった心配はありません。

 

また、毎月固定額しか返済しないので「リボ払い」によって金額がくるってしまう人も多いといいます。

 

クレジットカードのリボ払いは出来るだけ早い返済を

現在「リボ払い」をしている人は、一日でも早く一括で返済できるようにしましょう。また、一括だと大変な場合は、出来るだけ「リボ払い」の金額を増額して返済金額を減らしていくための努力をしましょう。

 

それが難しい人はお金を過剰に使いすぎている可能性があります。それではいつまでも借金は返済できませんよ。

 

「リボ払い」は手軽に行うことが出来、CMなどでも宣伝しているのでよく仕組みを理解せずに利用している人も多いのではないでしょうか。「リボ払い」はクレジットカード会社にとって最大の利益でしかないことも覚えておきましょう。

 

⇒即日融資で今すぐキャッシングするならココ!