公務員ってキャッシングでお金を借りやすいの?審査落ちの例は?

公務員のキャッシング

キャッシングをする際に、よく聞く噂の一つに「公務員の場合キャッシング審査」に通りやすいというものがあります。

 

公務員は確かに国の仕事をする人ですが、実際に金融機関や銀行などからお金を借りる時に審査が通りやすいといったことはあるのでしょうか。

 

公務員は本当にキャッシングの審査に通りやすい?

公務員がキャッシング審査に通りやすいかどうかは△と言えます。

 

そもそも借り入れる金額は年収の1/3までと定められています。金融機関にしても銀行ローンにしても他との借り入れがないかどうか?保証会社の保証を受けることが出来るかどうかなど審査基準は様々です。

 

例えば銀行カードローンの場合・・・
・年齢が20歳以上、65歳未満の国内に移住する個人
・保証会社の保証を受けることが出来る
・安定した収入があること
となっています。

 

公務員がキャッシングをしやすい理由として実は「安定した収入があること」が関係してきます。

 

キャッシングの審査基準とは?

安定した収入があると判断されやすいのは「大手企業」に勤めていたり、「公務員」だと早々潰れることがない=安定した収入とみなされる場合が多いのです。

 

ただし大手企業や公務員でお仕事をしていても過去に返済が滞った、ブラックリストに載っている場合、キャッシングの審査は通りにくくなります。その為、公務員だからすべての人がキャッシングに通りやすくなるというわけではないのです。

 

キャッシングの審査として勤続年数も大切ですので、例えばアルバイトでも勤続年数があれば審査に通ることもあるんです。

 

確かに公務員の場合、仕事が安定しているという面でメリットはありますが、基本的には公務員も一般企業もすべて変わりはありません。ブラックリストには載らないようにしてくださいね。

 

⇒即日融資で今すぐキャッシングするならココ!