デビットカードとは何?クレジットや電子マネーとは違うの?

デビットカードとは

近年聞く機会も増えた「デビットカード」を何となく気にはなっているけど、利用していない人も多いのではないでしょうか。

 

そもそもデビットカードは電子マネーと似ているけど何が違うの?どんなメリットがあるのか気になりますよね。デビットカードについてご紹介致します。

 

デビットカードのメリットとは?

デビットカードは現金の代わりにカード会社と同じマークのついている提携店舗で使うことが出来ます。例えばJCBデビットならJCB加盟店といった感じです。

 

クレジットカードと違い、作る時に審査が必要ありません。

 

16歳以上であれば手軽に作ることが出来るのは嬉しいですよね。さらに、預金口座からお買い物時に即時支払うことが出来るので、使いすぎるといった心配がありません。

 

預貯金分しか使うことが出来ない分、安心ですよね。利用限度額を調整することも出来ます。デビットカード用の口座を最初に作る必要があります。デビットカードの最大のメリットは、カードで提携している場所が多いのでほとんどの場所で使うことが出来ます。

 

デビットカード&電子マネーどちらがいいの?

電子マネーとの違いとしては、電子マネーは事前にチャージが必要です。その為お会計時に残高が足りなくてエラーになってしまうことがあります。

 

電子マネーの場合、1種類ごとにアプリのインストールが必要な場合がありますが、デビットカードなら1枚にまとめることが出来ますのでお財布がパンパンになることもありませんし、スマートにお支払い出来ますね。

 

ただしデビットカードにはデメリットもあります。電子マネーのようなポイント還元率の良さは期待できないということ。さらに年会費がかかる場合もあります。

 

デビットカードと電子マネーにはそれぞれメリットもあればデメリットも存在します。自分にはどちらがあっているのか検討して使うようにしてくださいね。

 

⇒即日融資で今すぐキャッシングするならココ!