即日融資で今すぐキャッシングするならココ!

即日融資

直ぐにお金が必要な時なのに手元にお金がなく銀行の預金口座の残高が空っぽの場合にはどうしたら良いか分からず困ってしまうことがありますよね。今では即日融資を行っている消費者金融が沢山あるので心配することは全くないです。

 

一昔前までは融資を受けるには審査が厳しくて結果が出るまでかなり待たされることもありましたが、最近の消費者金融では顧客のことを第一に考えて審査をスピーディーに行ってくれるのでとても助かります。

 

その中でも即日融資で今すぐキャッシングカードを発行してもらえて30日間無利息である上に、最寄りのコンビニATMで直ぐにお金を借りることができる消費者金融は今とても人気があります。それらのキャッシングサービスを紹介します。

 

また自動契約機を利用して審査を行うことができて一定の額までであれば身分証明書や収入証明書を不要としているところもあるので、借りる方からしたらこれほど有難いことはないです。

 

即日融資で今すぐキャッシングすることを考えているなら、このようにサービス内容が充実している消費者金融を利用するのが良いですよ。

 

アコム

アコムの特徴

・初めて利用する方は最大30日間金利なしで利用可能
・審査は最短30分、融資まで最短1時間とスピーディ
・楽天銀行の口座があれば24時間365日振込してもらえる
・大手で安心

⇒3秒診断はこちら

金利 3.0%-18.0%
評価 評価5
融資限度額 800万円未満
アコムの総評

3秒診断を利用できるので、審査に通りそうかどうかが分かります(正式な審査結果ではありません)。まずはやってみるといいですよ。

プロミス

プロミスの特徴

・三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば24時間365日振込してもらえる
・50万円までは収入証明書は不要(例外あり)
・バレにくいカードレスにも対応している(※プロミスはカードありか、カード無しかを選択できます)

⇒3秒診断はこちら

金利 4.5%-17.8%
評価 評価5
融資限度額 500万円未満
プロミスの総評

プロミスも借入シミュレーションができるので、利用前にやってみるといいですよ(こちらも正式な審査結果ではありません)。

アイフルの特徴

・初めて利用する人は最大30日間まで金利ゼロで利用可能 ・即日融資にも対応しており、融資まで最短なら1時間で ・バナナマンがCMしている大手サービス

金利 4.5%-18.0%
評価 評価4
融資限度額 500万円未満

 

キャッシングには審査が必要!無審査のところはヤバイ

無審査のキャッシングはヤバイ

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカード会社との契約を利用してお金を借りることです。

 

そもそもクレジットカードを作るには審査が必要で、ショッピング枠が限度額数十万円程度の一般的なカードの審査であれば、個人信用情報の照会の結果過去に大きな金融事故などの履歴がなければ誰でも作成することができ、審査はそれほど難しくないです。

 

しかし、キャッシング枠は別物で個人信用情報とは別に現在の他者からの借り入れ情報や、支払い状況などが重要になります。

 

また、銀行系のカードローンなどもキャッシングすることができ、これも基本的には審査が必要で年収の3分の1までしか借りることができませんが、審査時間が短く即日融資が可能なカードローンなどがあり大変便利です。

 

無審査をうたっていたり、連絡先が携帯電話の番号だったりするカードローン会社もありますが、高金利の闇金などの可能性がある為、このようなカードローン会社には気をつける必要性があります。

 

即日融資してもらうための審査のポイント4つ

即日融資の審査ポイント

即日融資をしてもらうための審査のポイントを4つ挙げてみましょう。

 

1つ目は必要書類を準備しておくこと

準備に手間取るとそれだけ時間を浪費してしまいます。必要書類は予めウェブサイトなどで調べておき、不足のないように準備しておきましょう。

 

2つ目は早い時間にネットで申し込むこと

いくら即日融資可能とされていても、夜になってから申し込むのではそれだけ当日中の融資は難しくなってしまいます。

 

3つ目は申し込み時にウソを書かないこと

これは即日融資だけに限った話ではありません。お金を借りるというのは信用力の問題です。意図的にウソを書くような人を信用する金融機関はないでしょう。

 

4つ目は複数申し込みをしないこと

先に挙げた3つはある程度当たり前というか、特に融資の実態に詳しくないような人でもマメな人ならごく普通にやっていることかもしれませんし、理解しやすいことでもあります。

 

しかし、複数申し込みをしないというのはなぜか理解できないという人はいるかもしれません。これは、複数同時に申し込むと、その情報は金融機関の間で共有されます。

 

そして、もし複数の審査が全て通ったらどうなるかということを審査する側は考えるからです。一つ一つの融資金額には問題なくても、それが複数合わさるとその人の返済能力を越えてしまうかもしれません。それが危惧されるために、結果として全ての申し込みに落ちてしまうことが考えられるのです。

 

即日融資する場合の借入限度額について

即日融資の限度額について解説

即日融資する場合、恐らく借入限度額はたいへん気になるところでしょう。実は、2010年の貸金業法の施行に伴い、総量規制が新たに制定され、借入限度額が非常に具体的になりました。それによると、年収の三分の一を超える金額を借り入れることができなくなったのです。

 

もちろん、ここで言う総量規制には、例外項目や除外項目が付けられています。そのため、これら例外項目や除外項目に該当する場合には、年収の三分の一を超える金額の借入も可能になるというわけです。

 

例えば、自動車を購入するための自動車ローンや不動産ローンなどは、この総量規制から除外されることになっています。また、銀行などのカードローンに関して言えば、やはり除外項目に該当すると考えることができます。その際、借入金限度額については、個人信用情報などが慎重に考慮されて決定されるでしょう。

 

借入限度額が決定される基本的な要素として、年齢や収入、また借入状況といったものがあります。一般には、社会的に見て信用度が高くなればなるほど、返済能力も高いとみなされるものです。

 

特に単身者などの場合、どうしても初めの借入限度額は低めに設定されることでしょう。しかし、借入金の返済に関して実績を積めば積むほど信用度は高くなり限度額も上がっていくものです。そのため、一般的には、初回は50万円以内の借入限度額に設定されることが多いと言われていますが、時間をかけて信用を高めるなら限度額を引き上げることができるでしょう。

 

キャッシングで借金まみれにならないようシミュレーションをしておこう

シミュレーション

消費者金融のキャッシングやカードローンは、お金が必要な時に便利なサービスです。申し込みをすると即日でお金を借りられ、コンビニのATMを利用すれば24時間365日すぐに借入や返済ができます。

 

その利便性の高さから、キャッシングやカードローンの利用者は年々増え続けています。しかし、便利な消費者金融のキャッシングやカードローンですが、危険性が全くないわけではありません。借りたお金には金利が発生するので、計画性を持たずに利用し続けると、気付いたときには借金まみれになることもあります。

 

利用者が増えるとともに、キャッシングやカードローンで借金まみれになる人も増え、社会問題化しているほどです。返済ができず借金まみれにならないためには、キャッシングやカードローンの利用は計画性を持つことが大事です。

 

計画性を持ち、毎月の返済額を把握しながら利用すれば、借金まみれになる危険性は減らせるでしょう。キャッシングやカードローンを計画的に利用するには、借入前に金利のシミュレーションをしてください。

 

消費者金融の公式サイトには、金利のシミュレーションができるページが用意されています。借入金額や金利などを入力すれば、複雑な計算を瞬時に行い毎月の返済額を表示してくれるので、返済の計画を立てるときに役立つでしょう。

 

金利のシミュレーションで返済額が判明すれば、無理な借入か判断することができるので、借金まみれになる前に借り過ぎを防げます。

 

家族にバレずにお金を借りるためにバレない即日キャッシングの方法を確認

家族にバレずにお金借りる

手持ちのお金がないのに、様々な理由によってお金が必要になることもあるでしょう。お金がないということは周囲にはなかなか言えることでもなく、特に親や妻など親しい人には絶対に知られたくないという人も多いものです。どうしても今日中にお金借りる必要があるという時の一つの手段として、即日キャッシングが挙げられます。

 

近年の消費者金融も銀行カードローンも、しっかりとプライバシーの配慮がなされています。借りる人が周囲にはバレずに借りたいという気持ちを持っていることを知っているため、家族であっても極力ばれないような工夫が見られます。

 

即日融資を受けたい場合には、自動契約機でカードを受け取るとバレにくいと言えるでしょう。振り込み融資を受けた場合やカードを郵送で送付してもらう場合は、金融機関から郵便物が送られることになります。しかし自動契約機でカードを受け取れば、多くの場合、郵便物が送付されることはありません。そのため家族にバレずに、利用することができるでしょう。消費者金融の自動契約機は、平日でも、土日でも営業しています。自動契約機はその数も多いので、地方に住んでいる人でも利用しやすいと言えるでしょう。

 

また即日融資であれば、先にインターネットから申し込んでおいて、審査が通ったという連絡を受けてから、自動契約機に行くと、スムーズに融資を受けることができます。金融機関によっては急いでいると告げると、優先して審査を進めてくれるところもあるので、このような所を選ぶのもよいでしょう。

 

消費者金融は無職の場合でも審査に通る?専業主婦はどう?

消費者金融 審査

消費者金融は無職の人や専業主婦と契約を交わしたがりません。その理由はシンプルですが、「信用がない」からです。ですので無職の方は専業主婦の方は申し込むことはできません。

 

月々に返済できる能力がある人(社会人やパートタイマーなど)なら審査に通る可能性はあります。

 

無職だと収入がないと見做されますが、月々にまとまったお金も入ってきません。専業主婦も同じですが、「兼業主婦」は話が違います。兼業とは合わせて業を行う事を意味しますが、家事をしながらパートタイマーをしている方は、月にまとまったお金を稼いでいます。一定の額まで得ているなら、消費者金融も認めて審査を通過する可能性が出てきます。

 

審査が通らない場合、過去に何らかの形で滞納をしてしまい、信用を失っているか、収入が会社規約に沿わないか、どちらかです。兼業主婦でも過去の行いや、収入によって会社の対応が変わりますから、注意すべきです。

 

消費者金融の中には即日融資を成立させるところがあります。リスキーな手段ですが、契約の範囲内できちんと返済できれば、何も問題は発生しません。ちなみに、余談にはなりますが無審査の金融会社があり、簡単に契約してクレジットカードを提供する場合があります。

 

そこは正式な金融会社ではない可能性が高く、ブラック企業の一つと見做せます。月にまとまった収入があり、信用ある人なら無審査基準のブラック企業に手を出すのは避ける必要があります。

 

どんな人なら即日融資の審査に通る?

即日融資 審査

今日では、多くの銀行や消費者金融で即日融資を受けることができるようになりましたが、実際に申し込んだときに審査に通るかどうかは、申し込んでみないとわからないところがあります。銀行や消費者金融のホームページには、即日融資の申し込み条件は「満20歳以上で安定した収入がある人」と曖昧な表現しかしていないからです。

 

ただし、お金を借りようとしている人の立場によっては即日融資の審査に通るかどうかをある程度推し量ることができます。例えば、正社員として会社で働いている人は、他に借入先があったり、債務が多くなければ、審査を通過する可能性は高いでしょう。

 

一つの立場について審査に通るかどうかを考えると、「学生は?」とか「定職に就いていないフリーターは?」、「高齢の年金受給者は?」、「失業保険受給者は?」などといったように、他の立場の人についても即日融資の審査に通るかどうかを知りたくなります。これらの人も、借入金額に対して返済義務を果たせる見込みがあると判断されれば融資をしてくれますが、審査を通過する可能性については立場によって異なります。

 

学生の場合はアルバイトを長期間続けるのが確実でない限りは即日融資を受けられず、フリーターと失業保険受給者は融資をしてもらえても、借り入れられるのはごく少額となります。しかし、年金受給者であれば、申込先次第で希望通りに融資を受けられる可能性はあるでしょう。

 

即日融資の審査に申し込むにあたっては、職業や就業形態に関係なく絶対に審査を通過できないケースが存在します。それは、信用情報機関のデータベースに事故情報が登録されている場合です。延滞や債務整理などを経験すると、一定期間事故情報が登録され、その間は新規の借り入れやカード決済が制限されます。

 

在籍確認無しで即日融資してもらえる?

在籍確認 即日融資

カードローンの審査には、勤務先を確認するための作業として、電話連絡による在籍確認をする金融機関がほとんどでしょう。容易に勤務していることが確かめられ、審査を迅速に行えることから、最短30分程度で即日融資が決定することもあります。

 

銀行の場合は銀行名と個人名を名乗って連絡を入れることもありますが、消費者金融や信販会社の場合は、借入のことを勤務先に分からないように、社名を名乗らずに個人名を名乗って電話をかけてくることが多いです。しかし、所属が分からない個人宛ての電話は、営業での電話や社員の個人情報を探る電話と判断が付かないので、個人情報が漏れるのを防ぐために一律で取り次がない決まりになっている場合があり、在籍確認が困難になる場合があります。

 

モビットでは、申込から契約までウェブ完結でできる仕組みが整っています。利用できるのは、所定の銀行に預金口座を開設している方で、社名等の勤務先が分かる健康保険証を持っている方に限られます。個人事業主の場合は、国民健康保険に加入しているため、勤務先が確認できません。社会保険証に加入できる会社員や公務員以外は利用できないので、注意してください。

 

即日融資を受けるには、振込での借入となるため、14時50分までに契約を完了しておく必要があります。コールセンターに審査を早めるように依頼するなどして、できるだけ午前中までに申込を終えるようにしてください。

 

キャッシングの返済方法は色々

キャッシングの返済方法

キャッシングを利用したら返済をするのは当然ですが、その返済方法には色々あります。少しでも発生する利息を減らしたい、そして金銭的な余裕がある場合は一括返済をすることをおすすめします。

 

しかし、借り入れした金額を一括で返済するとなると負担が大きくなる場合は、分割してリボルビング払いをすることができます。分割にすると、毎月一定の額に返済額を抑えることができますから、普段の生活への支障を抑えることができます。

 

ただリボルビング払いにすることによって、返済期間は利息がつくということを注意しなければなりません。

 

そしてその他に、ボーナス払いという方法があります。働いている会社でボーナス制度が導入されているときは、ボーナス時期にまとまった給料を得ることができます。

 

その時に合わせて、一括払いをすれば普段の生活に支障がなく、さらにボーナス払いに設定したときは手数料がかからない制度を導入している金融機関も多いので、リボルビング払いより利息が少ないのが魅力です。

 

即日融資できるカードローンの利息を詳しく紹介

カードローンの利息

即日融資できるカードローンは、最低金利と最高金利が設定されています。これは利息制限法を守った金利となっています。10万円未満の借入では20%が最高金利となります。それよりも高い金利を設定すると利息制限法違反となります。10万円以上100万円未満で借りる人が多いでしょう。その場合、最高金利は18%となります。100万円以上なら最高金利は15%です。

 

利息制限法で定められているのはあくまで最高金利ですので、それよりも低い金利ならなんの問題もありません。例えば、10万円を貸すときに2.0%という低い金利を設定することも自由です。昔は利息制限法を超えたグレーゾーン金利を設定していた業者も存在していたようです。しかし、現在はどこの業者も利息制限法を守っていますので、グレーゾーン金利の問題はほとんどなくなっています。過払い金については時効にかかっていなければまだ請求ができる可能性がありますが、2008年以降に契約をしたカードローンについて過払い金が発生していることはほとんどないでしょう。

 

即日融資できるカードローンは金利が高いというイメージがありますが、実は利息制限法が守られているので、昔と比べるとかなり良心的な金利となっています。それでも銀行カードローンなどに比べると高金利なので、長期で利用をする場合には気をつけておきましょう。利息制限法を超える金利をとるような業者があったら、違法な業者である可能性が高いので、利用をしないことが無難です。

 

キャッシング・カードローンの申し込み方法

キャッシングの申し込み方法

キャッシング・カードローンの申し込み方法としては、まず金融機関の店頭から申込むことが挙げられます。店頭の窓口では本人確認の書類のほかに、収入証明書が必要になることがあります。窓口での申し込みを行うと、審査が行われることになります。

 

金融機関の審査としては、会社などの在籍確認やブラックリスト入りしていないかなどが実施されることになり、最短では30分で完了することがあります。その後は専用のカードが発行されて、支払い口座が設定されることになります。

 

次に消費者金融などの自動契約機から申込む方法もあります。自動契約機においても、店頭と同様に融資が可能かどうかの審査が行われます。次に近年ではネット申し込みでも融資を受けることが可能となっています。

 

ネット申し込みではサイトから個人情報を入力し、必要書類の提出方法を選ぶことになります。さらにキャッシング・カードローンは郵送で申し込む方法もあります。電話で書類を取り寄せて、自宅でじっくりと検討することができます。

 

キャッシングの即日審査について解説

キャッシングの即日審査

キャッシングの即日審査ですが、嘘を書かないように気をつけておきさえすれば、最短30分で完了します。アコムやプロミスなどの大手消費者金融では自動審査が導入されており、ほとんどの部分を機械が審査します。人による審査も行われるため、21時までといったような時間的な制限はあるものの、営業時間内に申込みをすれば30分程度で審査の結果が出て融資が可能かどうかがわかります。

 

即日融資を受けたい場合には、審査について知っているだけでは不十分です。どの方法で融資を受けるのかにもよりますが、基本的には平日の14時くらいまでに申込みをすませておきましょう。14時に申込みをして、14時半に審査に通過したとすれば、その後すぐに振込みをしてもらうことで、即日融資が受けられるでしょう。

 

銀行の営業時間を過ぎてしまうと即日融資は受けられなくなります。その場合、アコムやプロミスなどでは自動契約機までカードを取りに行くことですぐにカードを受け取ることができ、即日融資が受けられるでしょう。

 

総量規制とは何?

総量規制とは

消費者金融などで借金をしやすくなるということは、お金に困っている人にとっては便利ですが、多重債務となる可能性も高くなります。そうして苦しい返済に悩み、自己破産をしてしまうケースが増えていたことから総量規制が設けられました。総量規制は貸金業法で、個人の借入総額は、原則として年収の3分の1までになるということで、多重債務がなりにくい状況になりました。

 

ただし、貸金業法に従うのは消費者金融であり、銀行のための法律は銀行法なので銀行カードローンについては、総量規制の対象外ということになっています。そのため、個人の返済能力を超えた借金をする可能性はなくなったわけではないのです。

 

その点を問題とした日弁連が銀行に対して、法律ではなく自主規制を要請したところ、銀行も総量規制を自主的に行なうことになりました。これにより融資をするときの審査が、これまで以上に厳格となり、実質的に銀行カードローンも対象になったといえます。

 

更新履歴